徳島県生涯現役促進地域連携事業推進協議会

電話番号
生涯現役の心得

今、社会から生涯現役が求められている!

定年後も生涯現役にこだわり働き続けるアクティブなシニアが増えています。現在65歳以上で働いている人は約320万人で、前年よりも36万人も増加しているという統計も。今どきの60代後半はまだまだ元気だということはもちろんですが、中高年齢者の今まで培ってきた知識や経験を活かしたいと考える会社や団体が増えているのも理由の一つです。更に国も65歳以上の人を雇う企業向けに助成金を給付して応援していて、少子化問題で労働人口が減少している日本全体で、『働きたい』と意欲のあるシニアを応援しています。

生涯現役で働くメリット

【メリット①】公的年金以外の収入が得られる
少子超高齢化社会の現代。現状の問題が改善されない限り、公的年金額が減っていかざるを得ないというのが現実問題です。そこで年金以外で働いて得る収入で経済面でも豊かに生活を送ることができます。

【メリット②】健康面や精神面に良い影響がある
人とのコミュニケーションをとる、緊張感をもって行動できる、人や社会の役に立っているというやりがいを働き続けることで感じられ、健康面や精神面においてもいつまでも若々しくいることができます。

【メリット③】社会の支え手になる
事業所等で働くことにより社会保険等の加入や、税金などの負担が義務化。そのため今までの『高年齢者=支えられる側』という考えではなく、社会の支え手となることができます。また収入が増えることにより消費の下支え役にもなってくれます。

アクティブシニアの「働きたい」を応援『WORKLIFE Vol.3』発行!

ではどうすれば生涯現役を貫き、より充実した生活を送ることができるでしょうか。詳しくは高年齢者の就業に役立つ応援マガジン『WORKLIFE』をご覧ください。




詳しくはコチラをクリック


詳しくはコチラをクリック


詳しくはコチラをクリック
戻る